2011年06月30日

干し野菜が人気

干し野菜を自宅で作る人が増えているそうです。

干しシイタケなどもそうですが、野菜を干すと旨みが凝縮され、栄養価もアップするらしいです。

水分が抜けるので、味が浸み込みやすくなり、調理時間が短縮でき、光熱費が節約できるというメリットもあります。

生野菜よりも保存がきき、揚げ物はカラッと揚がり、煮物は崩れにくくなり、歯ごたえも良くなるといいことずくめです。

日のあたる場所なら、ベランダや室内でも干し野菜を作ることができます。

レタスやもやし以外なら、基本的にどんな野菜でもOK。

野菜はよく洗い水分を切ってからカットします。

野菜をカットする際は、干すと縮むことを考慮して大きめにカットすると良いようです。

なお、野菜の皮は剥かずにそのままでOK。

カラッと晴れた日の日中、ザルなどの上に重ならないように並べます。

2〜3時間だけ日に当てたセミドライ野菜や、夕方取り込んでは翌日干すのを数日繰り返したカラカラのドライ野菜など、お好みで自家製干し野菜を楽しみましょう。

日のあたる場所なら、ベランダや室内でも干し野菜を作ることができます。

レタスやもやし以外なら、基本的にどんな野菜でもOK。

野菜はよく洗い水分を切ってからカットします。

野菜をカットする際は、干すと縮むことを考慮して大きめにカットすると良いようです。

なお、野菜の皮は剥かずにそのままでOK。

カラッと晴れた日の日中、ザルなどの上に重ならないように並べます。

2〜3時間だけ日に当てたセミドライ野菜や、夕方取り込んでは翌日干すのを数日繰り返したカラカラのドライ野菜など、お好みで自家製干し野菜を楽しみましょう。

太陽光発電 見積 太陽光発電 比較 太陽光発電 見積

posted by bbb at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。