2011年05月16日

チャイルド・レジスタンス

子供が製品を簡単に開けたり操作できないようにする仕組みのことを、チャイルドレ・ジスタンス(CR)と言います。

押しながらひねらないと開かない薬品のフタなど、子供には使いにくくして危険から守ろうとするものです。

チャイルド・レジスタンスで特に有名なのはライターで、着火スイッチを重くしたり、ストッパーをつけたりして、子供には着火しにくい仕組みになっています。

今年の夏より、販売される原則すべてのライターにCR機能の搭載が義務付けられる方針です。

東京消防庁管内において、平成11年から20年までの子供の火遊びによる火災の7割以上はライターが原因だったそうです。

火災には至らなくてもやけどなど大怪我をする例もあります。

アメリカでは1994年、EUでは2007年にライターのCR機能が義務付けられ、アメリカでは導入後4年間で子供のライターの火遊びによる火災死傷事故が半減したそうです。

子供の手の届く所にライターを置かない、火の怖さを教えるなども合わせて行う必要もありますが、日本もライターのCR機能の義務付けで、子供の火遊びによる事故は少なくなるでしょう。

パソコン 疲れ目 受験勉強 疲れ目 疲れ目 肩こり 目のかすみ ぼやけ

posted by bbb at 14:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。