2011年04月08日

通院保障が充実のアフラックの新がん保険「Days」

アフラックから、これまでのフォルテ(f)に代わる新しいがん保険が発売されました。

「生きるためのがん保険 Days」です。

アフラックのがん保険はこれまででも定評がありますが、Daysは通院治療に対する保障をものすごく手厚くしたことで、かなり画期的です。

がん治療の主軸が入院から通院治療に移行している現状を踏まえて、通院給付金の保証範囲・支払限度を拡大しています。

がんにおける三大治療(手術・放射線治療・抗癌剤治療)の通院については、入院を伴わくても支給され、支払日数は無制限です。

入院後の通院についても、通算支払限度日数が無制限になりました。

さらに、今後ますます増加すると考えられる抗癌剤治療の備えとして、新たに「抗がん剤治療給付金」が新設されています。

入院してもしなくても、抗癌剤治療を受けたら、受けた月毎に10万円が支給されます(乳がんや前立腺がんのホルモン療法などについては5万円)。

その他にも、がんの再発や長期に渡る治療への備えとして、「再発・長期治療給付金」を新設。

はじめてがんと診断確定されたときから5年以上経過後に所定のがん治療を受けたとき、また前回の支払いから5年以上経過後に所定のがん治療を受けたときには、100万円を受け取れます。

なお、Daysは、保障内容によって3つのプラン(ベースプラン・スタンダードプラン・フルサポートプラン)があります。

ベースプランは、基本保障だけカバーし保険料を抑えたプランで保障内容は、診断給付金・入院給付金・通院給付金です。

スタンダードプランは、ベースプランに手術治療給付金・放射線治療給付金・抗がん剤治療給付金が上乗せ、フルサポートプランはそれに加えて再発・長期治療給付金・ライフサポート年金が上乗せされます。

この中では、スタンダードプランがおすすめです。

あと、先進医療については、特約として「がん先進医療特約」をすべてのプランに付加することができます。

なお、Daysは終身保障となります(保険料払込期間は終身で、定額払いタイプと60か65歳から半額になる半額タイプを選べます)。

アフラックの「生きるためのがん保険 Days」は、実損填補型のセコム損保の「自由診療保険メディコム」(5年定期型)を除けば、現在のところ最強のがん保険と言えるでしょう。

Daysはがん保険 おすすめです。

放射能 がん 野菜 放射能汚染  野菜 放射能

posted by bbb at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。